日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典  > 抗酸化

抗酸化

こうさんか、antioxidant

 酸化を起こさなくすること。体内で活性酸素が生じると、遺伝子にダメージを与えたり、皮膚のコラーゲンや臓器を作るたんぱく質を変性させたりする。これはすべて酸化作用によるもの。ビタミンCやE、カロテノイドなど、抗酸化作用を持つ成分は、ダメージを受ける側の遺伝子やコラーゲンよりも酸化されやすく、自らが酸化されることで周りのたんぱく質などを守る。そのほか、一連の酸化反応の引き金となる金属イオンなどを包みこむことで抗酸化活性を発揮する場合もある。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.