日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > 桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸

けいしぶくりょうがん

 

 婦人科で用いられることが多い漢方薬の一つ。桂枝(けいし)、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、桃仁(とうにん)、赤芍(せきしゃく)という5種類の漢方薬から成り立っている。日本では桂枝のかわりに肉桂(にっけい=シナモン)を使うことが多い。骨盤内の血のめぐりを良くする作用があり、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)、月経痛といった、血液が滞った状態などの「瘀血(おけつ)」による婦人科系の症状によく用いられる。血をめぐらせる力は強いが、「血」を補う作用はないので、貧血など「血」の不足による症状が現れている場合には、「血」を補う漢方薬と併用する必要がある。なお、妊娠中は用いるべきではない。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.