日経グッデイ

サプリメント事典

クロセチン

 クチナシ(学名Gardenia jasminoides ELLIS)の果実やサフラン(Crocus sativus)の柱頭に含まれるカロテノイドの一種で、抗酸化作用、血流改善作用、抗炎症作用がある。眼精疲労のある人がクロセチンを含むクチナシ抽出物をのんだ試験で、目のピント調節機能を担う毛様体の疲労が緩和することが報告されている。また、軽度の睡眠障害を抱える人を対象とした試験で、中途覚醒の減少、目覚めの爽快感が増すなどが確認されている。