日経グッデイ

サプリメント事典

グルタミン

 準必須アミノ酸。体内で合成できるので非必須アミノ酸にも分類されるが、ストレスや運動などによって要求量が急激に高まると、生体内の合成だけではまかなうことができなくなる。筋肉中に最も多く存在する遊離アミノ酸で、筋肉のエネルギー源として利用される。核酸の原料となるとともに、消化管粘膜の成分であるムコたんぱく質の生成を促す性質があるため、腸管や胃の粘膜などを保護する作用がある。免疫細胞が分裂するときのエネルギー源として重要で、免疫力を高める作用がある。