日経グッデイ

サプリメント事典

グリコーゲン

 動物の肉や肝臓、カキ、エビなどに含まれている多糖類。ブドウ糖がたくさんつながった構造をしている。食物から取った糖分(炭水化物)を、いったん蓄えておくために、体内で合成される。蓄えられる場所は主に筋肉と肝臓で、筋肉では筋運動のエネルギー源として使われる。スポーツ選手が行う「グリコーゲンローディング」(グルコースローディングともいう)は、試合前に炭水化物をたくさんとり、グリコーゲンの形で筋肉に蓄えておくことで、持久力を維持するための手法。グリコーゲンの入ったスポーツ飲料も市販されている。