日経グッデイ

サプリメント事典

菊花

 

 菊の花。学名Chrysanthemum morifoliumなど。多数の品種が出回っている。生の菊花は食材として、乾燥品はお茶として使われる。顆粒状や粉状のサプリメントもある。体の上部にこもった熱を冷まし、体のエネルギーである「気」をめぐらせる作用があり、目の充血や腫れ、痛みなど、カゼによる頭痛やのどの痛み、高血圧などに用いる。目のかすみや視力減退に用いられる杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)や、高血圧によく使われる釣藤散(ちょうとうさん)などの漢方薬に配合されている。