日経グッデイ

サプリメント事典

ガルシニア

 学名Garcinia cambogiaなど。南アジア原産のオトギリソウ科の植物ガルシニア・カンボジアのこと。果実から抽出したエキスがサプリメントなどに用いられる。果皮に含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)が、ATPクエン酸リアーゼの活性を阻害するなどの作用により、ガルシニアエキスには体脂肪の蓄積を抑制する効果があることが知られている。有酸素運動の30分以上前にとると、脂肪の燃焼を高める効果を得やすい。1日量はHCAに換算して750~1500㎎程度(ガルシニアエキスとして1.5~3gに相当)。厚生労働省は、ラットの試験で精巣への影響が認められたことから、ガルシニアの過剰摂取を控える旨の注意喚起を行うよう2002年3月7日、関係団体に通知した。