日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > ガック

ガック

がっく、gac fruit

 学名Momordica Cochinchinensis。和名はナンバンカラスウリ。ウリ科のつる性の多年草で、ゴーヤーの仲間。東南アジアに広く自生し、メロンほどの大きさの実がなる。ベトナムで特に利用されてきた。果肉は青臭く甘みも薄いので食用にされることはなく、中心部にある種子を覆う真っ赤な部分(種衣)が、食用色素として使われる。最もポピュラーなのは、ガックの種を種衣ごと米と一緒に蒸し、蒸しあがったら種を除いて食べる、日本の赤飯のようなもの。種衣にはβ-カロテンや、赤い色素成分のリコピンが豊富に含まれる。特にリコピンは100g中に38~222㎎と、リコピンを多く含む食品の代表であるトマトの10~70倍も含む。ガックの種を乾燥させたものが「モクベツシ(木鼈子)」として漢方薬でも利用される。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.