日経グッデイ

サプリメント事典

オオムギ

 学名Hordeum vulgare。イネ科の穀物で越年草。結実する穂の数により、二条種と六条種に分けられる。二条種は主にビールなどの醸造用原料となり、六条種は米と混ぜて炊飯する麦飯用の精麦(押麦や丸麦、米粒麦)に加工されるほか、味噌やみりんの原料としても使用されている。オオムギの食物繊維は白米の32倍で、なかでも、水溶性食物繊維であるβ-グルカンが多いのが特徴。ヒト試験により、麦飯(麦と米の比率5:5)を食べ続けることで、血糖値の急激な上昇を抑えたり、内臓脂肪の減少やコレステロールを低下させたと報告されている。β-グルカンを多く含む新品種も開発され、オオムギ粉としての商品化も進んでいる。