日経グッデイ

サプリメント事典

塩酸塩

 炭素を含むアルカリ性の成分(有機塩基)と塩酸とがくっついた化合物。天然の炭素化合物(有機物)はそのままでは水に溶けず、体に吸収されにくいので、サプリメントでは水に溶ける形に加工することが多い。その一つの形が塩酸塩。有機塩基の前に「塩酸」を付けて呼ぶ(例えば「塩酸グルコサミン」)場合と、有機塩基の後ろに「塩酸塩」を付けて呼ぶ場合があり(例えば「グルコサミン塩酸塩」)、呼び方は違うが同じ成分を指している。海外のサプリメントではこの塩酸塩を、「HCL」と略して書いてあることが多い。