日経グッデイ

サプリメント事典

LKM512

 学名Bifidobacterium animalis subsp. lactis LKM512。ビフィズス菌。生きて腸まで届き、大腸で増える。腸の細胞分裂や粘液の分泌などを促進するポリアミンを増やすほか、Th1、Th2という免疫細胞のバランスを整える。便通改善、成人型アトピー性皮膚炎の軽減がヒト試験で確認されている。協同乳業が「おなかで増えるLKM512」などとして商品化している。