日経グッデイ

サプリメント事典

L-カルニチン

 脂肪からエネルギーを取り出すために必要な成分。L体とD体という2種類の構造(光学異性体)があり、もともと体内に存在するL体のL-カルニチンだけに健康効果があると考えられている。以前はビタミンBTと呼ばれた。食品では羊肉などの赤肉に多く含まれている。体内で、アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるため、通常は不足することはない。ただし、鉄とビタミンC、ナイアシン、ビタミンB6が足りないと、合成の効率が落ちるため不足することがある。また、妊娠中や授乳中は必要量が増える。狭心症や心不全などの心臓の病気に関しては、症状を軽くする作用が臨床試験で確かめられている。2002年に、特にL-カルニチンが不足していなくても、L-カルニチンをとると体脂肪の燃焼が促されることが報告され、ダイエットに効く成分として人気になった。日本では慢性胃炎などの治療薬として使われているが、2002年11月から食品に配合できることになり、様々な配合食品が販売されている。1日目安量は100~500㎎。