日経グッデイ

サプリメント事典

温経湯

 

 日本では、不妊によく用いられている漢方薬。呉茱萸(ごしゅゆ)、当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、人参(にんじん=高麗ニンジン)、桂枝(けいし)、ショウガ、甘草(かんぞう)など、12種類の生薬から成り立っている。日本では桂枝のかわりに肉桂(にっけい=シナモン)を用いることが多い。子宮を温める作用、「血」を補う作用、「血」をめぐらせる作用があり、冷えによる月経のトラブルに幅広く使える。ただし、不妊の場合は、さまざまな原因が考えられるため、温経湯だけでは解決できないケースも多い。