日経グッデイ

サプリメント事典

イミダゾールジペプチド

 イミダゾール基を持ち、アミノ酸が二つつながったジペプチドの総称。カツオやマグロなどの回遊魚、渡り鳥といった長時間の運動を必要とする生物の骨格筋中に多く含まれており、アンセリンやカルノシンがよく知られている。イミダゾール基によって、一重項酸素やペルオキシラジカルなどの活性酸素を消去する抗酸化作用がある。鶏の胸肉から抽出したアンセリンとカルノシンの混合物を継続的にとることで、運動時の疲労感を軽減したという報告があり、イミダゾールジペプチドとして飲料に配合されている。