日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > 1073R-1乳酸菌

1073R-1乳酸菌

いちぜろななさんあーるわんにゅうさんきん、Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1

 学名Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1。乳酸菌の一種である、ブルガリア菌。乳酸菌は、多糖体であるEPS(exopolysaccharide)を作り出すが、1073R-1乳酸菌は特にEPSを多く産生する。EPSはキノコや海藻、野菜などに多く含まれ、整腸作用のほか、免疫力を高める効果が確認されている。高齢者を対象とした試験で、1073R-1乳酸菌をとることで、インフルエンザやカゼの罹患リスクが低減されたという報告がある。マウスの実験では、摂取すると免疫にかかわるNK細胞が活性化し、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることがわかっている。1073R-1乳酸菌を含む商品は、明治乳業の「R-1」など。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.