日経グッデイ

サプリメント事典

イソロイシン

 筋肉のエネルギー代謝に深くかかわる分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つ。鶏肉や豚肉、チーズに含まれる。体内で合成できない必須アミノ酸で、成人男子の必要量は体重1㎏当たり1日10㎎。肝硬変患者の低アルブミン血症を改善するBCAA製剤に利用されており、BCAAの中でもイソロイシンは耐糖能を改善する作用が強い。インスリンとは異なるメカニズムで、筋肉におけるグルコースの取り込みを促進し、グルコースをグリコーゲンとして蓄積するのを促進する。