日経グッデイ

サプリメント事典

アロエ

 多肉の薬用植物として知られ、種類も多い。日本ではキダチアロエとアロエベラがよく栽培されている。このほか、医薬品として使うケープアロエがある。半透明の葉肉部分には多糖類やミネラルなどが多く、切り傷ややけどに使われるほか、最近は便通の改善効果で人気がある。便通に対する薬用成分が多いのは葉皮だが、アロエベラとケープアロエの葉皮に含まれるアロインが日本では医薬品となっている(日本薬局方に登録されている)ので、健康食品には葉皮を取り除いた残りが使われている。キダチアロエにはこうした制限がなく、葉皮を使った健康茶なども販売されている。