日経グッデイ

サプリメント事典

アラニン

 体内で合成できる非必須アミノ酸。味はわずかに甘い。運動時に筋肉から放出され、肝臓でグルコースに変換される。逆に筋肉ではグルコースがアラニンに変換される。アミノ酸輸液や経口・経腸栄養剤の成分として臨床栄養分野で利用されているほか、前立腺肥大症薬、総合アミノ酸製剤などの医薬品成分として用いられている。天然保湿因子として化粧品にも配合されている。