日経グッデイ

サプリメント事典

アプレシエ

 親油性を与えた新しいタイプの水溶性ビタミンC誘導体。全成分表示名は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」。昭和電工の登録商標で、化粧品原料として販売。ビタミンCやその誘導体は、多くが水溶性だが、アプレシエは、油にも水にもなじむため、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ皮膚への浸透力が高く、深部の真皮まで浸透する。そのため、美白作用以外に、真皮内で発生する活性酸素を除去し、シワの原因となるコラーゲンへのダメージを抑える効果がある。