日経グッデイ

サプリメント事典

アスパラガス

 学名Asparagus officinalis。ヨーロッパ原産のユリ科植物。食用にするのは茎だが、薬用には根の部分を使う。食用部分にはアスパラギン酸など、健康維持に役立つアミノ酸が含まれているほか、穂先にはルチンやグルタチオンが豊富。根にはサポニンなどが含まれていて、ドイツでは医薬品として尿路の炎症治療や腎臓結石の予防に使う。