日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法  > 酔わない飲み方、7つのウソ・ホント  > 3ページ目

忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法

酔わない飲み方、7つのウソ・ホント

王道は、きちんと食べながら飲むこと

 武田京子=ライター

 

噂その5 飲酒後のサウナでアルコールが抜ける

答え ウソ!

 「お酒を飲んだ後に、サウナや温泉に入ると、発汗作用でアルコールが抜けてスッキリする」という噂があるが、これは大きな間違い。「飲酒後のサウナや入浴は、発汗によりさらに体の脱水を進め、かえって血中のアルコール濃度を高めることにもなります。血流が乱れて気分が悪くなったり、脱水が脳卒中や心筋梗塞などの重篤な疾患を引き起こす原因にもなりかねないので厳禁です」と中野さん。

 また、酔って足下がおぼつかない時に入浴すれば、転倒の危険もある。湯船で寝てしまえば溺れる可能性もある。飲酒後の入浴は命に関わるほど危険だ。

 同様に、ランニングやサッカーなどの激しい運動を行った直後の飲酒も危険だ。心拍数が高まり血流が良くなっているため、アルコールが回りやすい。また、アルコールが代謝され、無毒な炭酸ガスと水になるまでには筋肉も使うため、疲労の回復が遅れる可能性もある。

 お風呂は「飲んだら入るな」。ランニングは「走ったら飲むな」である。

 

噂その6 月経中、女性は酔いやすい

答え ホント!

体調不良時の飲酒は控えめに(©Yayimages / PIXTA)
体調不良時の飲酒は控えめに(©Yayimages / PIXTA)

 酔いやすさは、その日の体調によっても大きく左右される。その一つが、女性の月経周期だ。一般に、排卵後から月経中にかけては、体全般の機能が低下しがち。アルコールを代謝する力も弱くなるので、いつもと同じ量を飲んでも酔いやすくなる。

 また、排卵後は、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが多く分泌されるが、このホルモンの作用でイライラや抑うつ感、やる気が起きないなど、精神的に不安定な症状を起こす月経前症候群(PMS)になる人も少なくない。抑うつ感を振り払おうと、ついつい普段よりお酒の量が増えてしまいがちなことも、悪酔いや二日酔いを助長する原因になる。できるだけ月経中の飲酒は控えめにしたい。

 このほか、男女問わず、睡眠不足や、風邪などで体調不良の時も、アルコールを代謝する力が弱くなり、酔いやすく、二日酔いになりやすいので注意が必要だ。ストレス解消のためにお酒を飲むという人も多いが、そういった精神状態のときには深酒してしまいがちに。そんなときこそ、適量で早めに切り上げるのが肝心だ。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.