日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法  > 人はなぜ酔っぱらうのか?  > 3ページ目
印刷

忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法

人はなぜ酔っぱらうのか?

“犯人”はアルデヒド、脱水、低血糖、不純物…

 武田京子=ライター

ビール中瓶のアルコール分解に2~3時間

 では、どれくらいの量のお酒なら、二日酔いにならずに済むのだろうか。二日酔いになるかどうかは、肝臓がアルコールを処理できる能力を超えるかどうかにかかっている。アルコールは、胃と小腸から体内に速やかに吸収され、肝臓で処理しきれなかったアルコールが血中に入り全身を巡る。血中のアルコール濃度が高まるにつれて酔いが深まるが、通常は血中濃度が0.05%を超えると「酔ったな」という状態になり、0.15%を超えると酩酊状態になるという。「二日酔いにならないようにするには、血液中のアルコール濃度が急激に高くなり過ぎないような飲み方がいいでしょう」と狭間さんはアドバイスする。

 ALDH2が活性型の人であれば、アルコールを分解する速度は、男性で1時間に約9g、女性で約6.5gといわれている。つまり、ビールの中瓶1本に含まれる20gのアルコールを分解するのに、男性で約2.2時間、女性で3時間かかるというわけだ。「そのときの体調やアルコールの量と濃度、飲むピッチと、飲酒後何時間後に起きるかなど、様々な要因が絡みますが、まず二日酔いを防止に必要なのは自分がどれだけのアルコール量を飲んでいるかを把握することです。飲む前に自分の量を決め、それを守るようにする。だらだら長時間飲まないことも大切」と中野さん。20g相当のアルコールを含む酒の種類を上げたので参考にしてほしい。

表1◎ 約20gのアルコールを含む酒の種類と量
お酒の種類(アルコール度数)お酒の量
ビール、発砲酒(5%)500mL
チューハイ(7%)360mL
焼酎(25%)110mL
日本酒(15%)180mL
ワイン(14%)180mL
ウイスキー(43%)60mL

 ただし、冒頭で解説した通り、ALDH2のタイプが低活性型や非活性型の人は、同じアルコール量でも分解するのに時間がかかる。

 また、アルコールの代謝の“場”である肝臓の大きさも、代謝能力に関係する。「一般的に肝臓が大きい人は小さい人よりアルコールの分解は早くなります。そのため、体の大きい男性の方が女性より代謝が早いのです」と中野さん。これに加え、女性は体内の水分量が男性より少ないため、同じ量のお酒を飲んでも血中のアルコール濃度が高くなりやすいという。女性の方が酔いやすい理由の一つだ。

 年齢によっても変わってくる。「昔はもっと飲んでも二日酔いにならなかったのに」と思っているシニア世代の人も多いはず。それは、加齢とともに体内の水分量が減るため、血中アルコール濃度が高くなりやすいからだ。また、お酒を飲み始めたばかりの若い人も、アルコールに対する耐性ができていないためにアルコールの代謝は遅い。

 つまるところ、酔い方は個人差が大きい。そのため、二日酔いの経験をある程度積んで、「これくらいまでなら大丈夫」という自分だけの限界値を知るしかない。とはいえ、二日酔いになりにくい「上手な飲み方」もある。それについては次回に詳しく紹介する。

中野里美(なかのさとみ)さん
三菱UFJニコス統括産業医
中野里美(なかのさとみ)さん 1990年、東京女子医科大学卒業後、慶応義塾大学医学部内科学教室に入局。都立広尾病院などを経て、2007年より三菱UFJニコスの統括産業医として社員の健康管理を行っている。日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医、日本医師会産業医、労働衛生コンサルタント。
狭間研至(はざまけんじ)さん
医師、ファルメディコ代表取締役社長
狭間研至(はざまけんじ)さん 1995年大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部付属病院、大阪府立急性期・総合医療センター、宝塚市立病院で外科、呼吸器外科医として診療に携わる。現在は、思温北クリニックで在宅医療に取り組むとともに、調剤薬局グループファルメディコの代表取締役社長を務める。薬剤師あゆみの会、日本在宅薬学会理事長。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.