日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法  > 人はなぜ酔っぱらうのか?
印刷

忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法

人はなぜ酔っぱらうのか?

“犯人”はアルデヒド、脱水、低血糖、不純物…

 武田京子=ライター

忘年会のシーズンが迫ってきた。ついつい深酒し二日酔いに苦しめられた人は少なくないだろう。翌朝、同じように飲んだ同僚はさわやかな顔でテキパキ仕事に励んでいるのに、自分だけが具合が悪いのはなんともバツが悪い。そもそも二日酔いはなぜ起こるか、お酒の強い、弱いの個人差があるのはなぜだろうか。

二日酔い最大の原因はアセトアルデヒド

仕事は待ってくれない…。(©wavebreakmedia / PIXTA)

 朝起きると激しい頭痛、吐き気、倦怠感…。「あんなに飲むんじゃなかった…」と後悔しても後の祭り。そんなつらい二日酔いの症状はどのようにして起こるのか。

 「実は、二日酔いのメカニズムについては、まだわからないことが多いのです。原因は一つではなく、様々な要因が絡み合っています」と話すのは、社員から二日酔いの相談を受けることもある、三菱UFJニコスで産業医を務める中野里美さん。

 いくつかある原因の中の一つが、アルコールが体の中で代謝されてできる「アセトアルデヒド」という物質だ。「アセトアルデヒドは毒性の強い物質で、血液中の濃度が高くなると、顔が赤くなったり、動悸、吐き気、眠気、頭痛などの症状を引き起こします。飲んだアルコールの量が多くなるほどたくさんのアセトアルデヒドができ、二日酔いになりやすくなります」と、医師で薬局経営者でもある狭間研至さんは話す。

 実はお酒に強い人と弱い人の差も、このアセトアルデヒドが大きく関係する。体に入ったアルコールの約9割は肝臓で代謝されるが、そこでアルコールはADH(アルコール脱水素酵素)によりアセトアルデヒドになり、その後ALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)の働きで無毒な酢酸になって肝臓から排出される。

 「実はALDH2は遺伝子型によって決まる3つのタイプがあり、働きの強さが違います。普通に働く活性型、活性型に比べて働きが弱い低活性型、全く働かない非活性型です。日本人の場合、1割弱が非活性型、3割強が低活性型。ほとんどの人が活性型の欧米人に比べお酒に弱い人が多いのはこのためです」と狭間さん。いわゆるまったく飲めない下戸の人は非活性型。また、ビールコップ1杯程度の飲酒でも顔が赤くなったり動悸がするようなら低活性型だ。「ちなみに、低活性型や非活性型の人は、飲酒により食道やのどの発がんリスクが高まるので注意が必要です」(狭間さん)。

 自分が活性型かそうでないかが簡単にわかる方法もある。「薬局で売られている消毒用アルコール(70%エタノール)をガーゼなどにしみ込ませて腕の内側に7分間貼り、はがした直後と10分後にその部分の肌の色を見ます。はがした直後に赤くなっていれば非活性型、10分後に赤ければ低活性型です」と中野さん。

 また最近流行の遺伝子検査でもこの2型アルデヒド脱水素酵素の型を調べてくれる。詳細は日経Goodayの記事「遺伝子検査、受けてみました【その2】」を読まれたい。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.