日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ  > 言い訳…その2「今食べておかないと、いつ食べられるかわかんないから」  > 4ページ目
印刷

【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ

言い訳…その2「今食べておかないと、いつ食べられるかわかんないから」

つまめる脂肪があるなら、1食ぐらい抜いても問題なし。

 北村昌陽(きたむら まさひ)=科学・医療ジャーナリスト

情報で食べるダイエットは必ず破綻する

 体は、カロリーだけで成り立つわけではない。そのときの体調や活動内容に応じて、必要な栄養も変わってくる。そして求める成分を食べることで、体の中の代謝が健全に営まれる。その結果として、引き締まった健康な体が実現されるのだ。

 「体の欲求を無視して、情報で食べるダイエットは必ず破綻します。どこかに無理が生じて体調が悪くなるか、欲求が抑えきれなくなってどか食いに走るかです」

 そこで伊達さんは、こういう人には「何でもいいから、とにかく食べたいものを食べなさい」と伝えるという。「最初は、我慢の反動からジャンクフードに走る人もいますが、それでOK。しばらくすれば自然に、“ご飯が食べたい”、“魚が食べたい”などと感じるようになります。

 そうやって本能的な「食べたい」という感覚を取り戻した上で、次は「おいしさ」をじっくりと味わうようにする。おいしいと感じているうちは食べ続けてもOKだが、おいしさが薄れてきたら、それで適量と判断し、それ以上食べずに、残す。そんな練習を積み重ねるうちに、「食べたいものを適量食べる」という感覚が、徐々に身に付くのだという。

甘いものは心の栄養。遠慮せず、心から味わおう

 そういう意味では、「“誘惑に負けてつい食べちゃうんです”という言い訳が出てくるのは、むしろ健全な証拠です」と伊達さんはいう。

 「例えば、どうしても甘いものが食べたいときもあるでしょう。そういうときは我慢せず、食べる方がいい。これは“心の栄養”なんです」

 私たちはダイエットというと、ついカロリーや脂肪分など、数値的なもので食べ物を捉えがち。でも、食べることは幸せを味わう行為でもある。甘みをしっかり味わって「あ~幸せ~」と実感する瞬間を、心が求めるときだってあるのだ。そんな欲求は、きちんと満たしてあげた方がいい。

 「中途半端な罪悪感を引きずるからよくないのです。遠慮せず、大好きなケーキやパフェを心から味わって食べましょう。そうやって存分に満たしてあげれば、スナック菓子をだらだら食べ続けるようなことは、かえって減るはずですよ」

コラム  おいしいものを食べると代謝が上がって脂肪が燃える!
食事をしたあと、何となく体がポカポカすることがあるだろう。あれは気のせいではなく、実際に体の中で熱が発生している。「食事誘発性熱産生」(Diet Induced Thermogenesis:DIT)と呼ばれる現象で、食事の刺激で代謝が上がり、熱を生み出しているのだ。この作用で、通常、食事で食べたカロリーの10%ぐらいが消費されるといわれている。 興味深いことに、このDITの消費カロリー量は、「おいしい!」と強く感じたときほど多くなることがわかっている。つまりそれだけ体脂肪が燃えるということ。おいしさは、ダイエットを直接サポートしているのだ。
伊達友美(だて ゆみ)さん
東京国際クリニック 管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士
伊達友美(だて ゆみ)さん 静岡県浜松市生まれ。これまで5000人以上の栄養指導の経験を持つ。単なる減量ではなく「ボディラインと肌を美しく変身させる」ことを目的とした指導を行う。自らも20kgの減量とニキビ肌改善の経験がある。著書『大盛りご飯を食べてもやせる技術』(池田書店)ほか多数。自身のホームページにおいて「ダイエットの女王ブログ」などを展開中。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.