日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ  > 言い訳…その2「今食べておかないと、いつ食べられるかわかんないから」  > 3ページ目
印刷

【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ

言い訳…その2「今食べておかないと、いつ食べられるかわかんないから」

つまめる脂肪があるなら、1食ぐらい抜いても問題なし。

 北村昌陽(きたむら まさひ)=科学・医療ジャーナリスト

「付き合いだから食べないと」の裏にある思い込みとは?

 ビジネスパーソンが口にしがちな、もう一つの言い訳がある。

 「付き合いだから食べる」

 これも典型的な「お腹が空いていないのに頭で食べる」パターンといえる。そのベースには、「食べないと、いい人間関係が保てない」という考えがある。でも、接待などの付き合いの場で食べないと、本当に関係が悪くなるのだろうか?

 「同じ釜の飯を食った仲」という言葉に象徴されるように、飲食を共にすることで培われる人間関係というのは、確かにある。また、いろいろな事情で断りにくい宴会や食事会もあるだろう。でも、そこで何をどのくらい食べるかは、本来、自分の意思で決められることだ。

「付き合いだから仕方ない」「食べ物を残すともったいない」という理由は、ダイエットを妨げる最も身近な言い訳になっていることに気付くことが大切だ。(©Ivan Danik /123RF.com)

 「“食べないと失礼になる”、“残すのはいけないこと”などと考えてしまうのは、人の目を気にして食べているから。これも一種の思い込みです。周りの人は、そこまであなたのことを気にしていませんよ。それに、もし無理に薦められても、“今日は体調が悪い”とか、“昨日も同じ料理だったので食が進まない”など、うまく断る方法はあるはず」と伊達さん。さらに、こんな言葉も付け加える。

 「“仕事上の付き合いだから”と無理に食べて、そのあげくメタボになっても、会社や付き合いの相手が面倒を見てくれるわけではありません。自分の体に責任を持てるのは、自分だけです」

 社会の一員として生活していれば、だれでも、自分の都合を抑えなくてはいけないときがある。仕事や家族、ご近所付き合いなどの事情を優先させ、自分のことは我慢する。そういうストレスは、自分ではどうしようもないことが多いだろう。

 だからこそ伊達さんは「食べるものぐらいは、自分に正直に決めるべきです」と語る。

 「周りに合わせて無理に食べるのは、自分で自分にストレスをかけているようなもの。おいしそうで、食べたいと感じるなら食べる。そうでもないなら、残してもいい。こんなふうに自分の食欲に応じて食べることは、ストレスマネジメントでもあるのです」

「何が食べたいか思い浮かばない」人は要注意

 なるほど。ダイエットを成功させるには「空腹感」がとても大事なのだ。と、ここで伊達さんの口から、こんな言葉が出てきた。

 「最近は、空腹感が麻痺している人が増えています」

 空腹感が麻痺? どういうことだろう。そういう人はカウンセリングの中で、非常に特徴的な言葉を発するそうだ。

 「食べたいものは、特にありません」

 こういう人はたいてい、ダイエット情報や健康情報への関心が非常に高い。何が高カロリーとか、この食材にはこんな成分が含まれるといった知識を豊富に持っており、そういった情報を組み合わせたダイエットプランを作る。

 「ひどい場合は、食事の形をなしていない、まるでエサのような食事になっている場合もあります」と伊達さん。高カロリーの食材を極限まで排除し、ご飯も食べない。足りない栄養素はサプリメントで補給…。確かに、いかにも「食べたいものはない」と言いそうな感じだ。

 まあ、そこまでいくのは極端なケースとしても、「好きな食べ物は何?」「いま何が食べたい?」などと聞いて、ポンと答えが出てこないのは、なんだかちょっと心配だ。

 「体は本来、そのとき必要としている栄養を、“あれが食べたい”という欲求として教えてくれるのです」と伊達さんは言う。たとえば、「あー今日は肉が食べたい」という気分になったときは、おそらく体がタンパク質を欲しているわけだ。

 「ところが、頭の中がダイエット情報でいっぱいになると、“あれを食べなきゃ、これは食べちゃダメ”という頭の判断が先に立って、“食べたい”という欲求を抑えてしまう。特に、肉や甘いものなど、いかにもダイエットによくなさそうなものを食べたくなったときは、そういう抑制が強く働きます。そんなことを繰り返しているうちに、自分が何を食べたいのかわからなくなってしまうのです」

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.