日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ  > 言い訳…その1「一生懸命やっているのにやせない」  > 3ページ目
印刷

【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ

言い訳…その1「一生懸命やっているのにやせない」

ダイエットを失敗する原因はアナタの“言葉”にあった

 北村昌陽(きたむら まさひ)=科学・医療ジャーナリスト

やせたけれど体調が悪く、下腹だけがぽっこり出る

 以前は、たんぱく質不足の食事に陥るのはほとんど女性だったが、「最近は男性でも、まるで草食動物のような食事をしている人が増えています」と伊達さんは話す。

 「男性の方が、こうと決めたら誘惑に負けずにがんばってしまうのです」

 そういう人はときに、制限に歯止めがかからずに、危険なレベルまでがんばりすぎてしまうという。「1日1000kcalを切るような食事になっている人もいます」

 1000kcalというのは、糖尿病の治療で採用される低カロリー食(1日1200kcal程度が下限)をも下回るレベル。そこまで行けば、さすがに体重は減る。でもそういう人はしばしば、こんな悩みを口にするという。

 「体重は減ったけれど、体調が悪い」「やせたけれど体型が崩れて、下腹だけがぽっこり出ている」

 こんな人は、たんぱく質不足から筋肉が減ってしまった可能性が高い。

 筋肉が減るとどうなるか。お腹周まわをきりっと引き締めるのは、腹筋などの筋肉の働き。そういった筋肉が衰えると、ボディラインをキープできず、内臓が下垂して下腹だけぽこっと出た体型になりやすい。姿勢を保つ背中や腰などの筋肉が弱り、背すじが丸まってお年寄りのような姿になることも多い。

 また、肌や髪のたんぱく質が不足して、肌が荒れたり抜け毛が増えることもある。全体にやつれて、老け込んだ印象になるわけだ。

 そして、「脂肪を燃やせないタイプの人は、たいてい冷え性です」と伊達さんはいう。これは考えてみれば当然だろう。私たちの体は糖や脂肪を燃やして熱をつくり、体温をキープしているのだから、燃やすものがなければ、体が冷えるのは明らかだ。

 お腹の中が冷えると、内臓の機能が落ちて体調が悪くなる。胃痛や腹痛、下痢、便秘、疲れやすい、風邪を引きやすいなどの不調を起こしやすい。

 ダイエットの目的はあくまでも体脂肪を減らすことだ。

 「よく代謝が高いとか低いとかいいますが、代謝量とは消費するカロリーのことで、これは筋肉量に比例します。筋肉が多い人は代謝が高く、消費するカロリーも多いからやせやすいのです。たんぱく質不足で筋肉が減ってしまうと、やせにくくなります」

 脂肪を燃やせる体には筋肉が必要。筋肉不足の体は、やせにくく、リバウンドもしやすい。筋肉がやせて体重が減っても、決してダイエット成功とはいえない。むしろ大失敗。まずは、たんぱく質をしっかり摂ることだ。

ご飯抜きでも「やせるための栄養素」が減ってしまう

 次に、ご飯を減らすダイエットはどうだろう。低炭水化物ダイエットの流行で、ご飯を減らす(あるいは抜く)人も多いようだが…。

 「低炭水化物食がうまくいくかどうかは人によります。やせる人もいますが、やせない人も多いです。また、いったん体重が落ちたものの、元の食事に戻ったとたんにリバウンドするケースも目立ちます」

特定の栄養素の「不足」も、過剰な「摂取」もダイエットの失敗の原因になる。和食の献立の基本になる「一汁三菜」は、ビタミンとミネラルをはじめ、良質なたんばく質、脂質を含む最高のダイエット食なのだ。(©yumehana-Fotolia.com)

 ご飯の炭水化物(糖質)や脂質は、体の活動を支えるカロリー源。これらが減ると、その分、筋肉になるはずだったたんぱく質がカロリーとして消費される。たんぱく質が使われてしまえば、筋肉は減り、代謝が下がってしまう可能性がある。

 また、日本人にとってご飯は「主食」。いわゆる「一汁三菜」に代表されるような食事のスタイルが身に付いているため、ご飯のある食卓には自然とみそ汁やおかずも欲しくなる。そういう食事をすることで満足感が高まると同時に、たんぱく質やビタミン類などのバランスも程よいところに落ち着くわけだ。

 だが「ご飯抜き」にすると、基本的な食事のスタイルが壊れてしまう。栄養バランスをとるのが難しくなり、そこから栄養不足に陥ることもある。

 つまり、ご飯を抜くことで、やせるための栄養が足りなくなるパターンもあるということだ。

「過剰を削る」より、「不足を補う」ことが大事

 私たちは通常、「太っている」=「栄養過剰」と考えるから、食べる量を減らしてダイエットしようとする。「でも、太っている人の食事をチェックすると、必ず不足している栄養があります。カロリー的には過剰なうえに、やせるための栄養が足りていないのです」と伊達さんはいう。

 「○○を減らしているのにやせない」と言い訳している人は、○○を減らすことで、やせるための栄養をさらに削っている可能性が高い。

 「人間は、何か足りない栄養があると飢餓感を覚えます。これは本能的な欲求ですから、意思で我慢できるものではありません。すると、食べたい衝動がますます強くなり、どこかで食欲が爆発して“どか食い”に走ります」。ダイエット=我慢だと思い込んで、この悪循環にはまっている人が非常に多いのだ。

 そこで伊達さんは「過剰を削る」よりも、まず「不足を補う」ことを薦めている。「足りない栄養を補えば、食欲が落ち着き、体重も自然と減るのです。我慢は、ダイエットの大敵なのです」

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.