日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ  > 言い訳…その1「一生懸命やっているのにやせない」  > 2ページ
印刷

【特集】 「言い訳」から読み解く、ダイエット成功のコツ

言い訳…その1「一生懸命やっているのにやせない」

ダイエットを失敗する原因はアナタの“言葉”にあった

 北村昌陽(きたむら まさひ)=科学・医療ジャーナリスト

やせないアナタは、実は栄養が不足している

 最初の言い訳は、「“○○は太る”と思って我慢しているのにやせない」。○○には「肉」「油物」「ご飯」などの単語が入る。うーん、確かにありがちなセリフだ。

 ダイエットしようと思ったとき、アナタはまず何をするだろう? 

図1◎ 日本人の「1人1日当たりの摂取カロリー」は減少傾向をたどっている
厚生労働省が公表する「栄養素等摂取量の年次推移」などによれば、戦後、摂取カロリーは1971年をピークに減少に転じ、現在は終戦直後を下回るレベルにある。(出典:2012年「国民健康・栄養調査」、1947年~1988年「国民栄養調査」(いずれも厚生労働省)をもとに編集部で作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 おそらく多くの人が、「太りやすい食べ物を減らさなきゃ」と考えるはず。ここでターゲットになりやすいのが、肉や油物など、いかにも高カロリーの食品だ。また最近は、はやりの低炭水化物(低糖質)ダイエットの影響で、ご飯抜きに走る人も多い。

 もちろん、それで体重が落ちる人もいるだろう。そういう人はまあいい。「○○を減らす」というやり方が、自分に合っていたのだろうから(もっとも、体重は減ったけれど体調が悪くなる場合もある。その話は後で触れよう)。

 「でも実際には、太りそうなものを我慢して控えているのに、なかなか体重が減らない人も多いのです」と伊達さんは指摘する。

   図2◎ 肥満とやせの状況の推移
20歳以上で見た場合、女性の肥満者の割合は横ばいだが、男性は右肩上がりだ。 (出典:2007年『国民健康・栄養調査』より)
[画像のクリックで拡大表示]

 摂取カロリーを減らしてやせないなんておかしい、と思うかもしれないが、その発想自体が、実は勘違いなのだ。

 摂取カロリーと肥満の関係は、思ったほど単純ではない。日本人の食生活を継続的に調査している厚生労働省の調査によれば、戦後、日本人の摂取カロリーは1970年ころをピークに減少に転じ、現在は終戦直後を下回るレベルにある(図1)。しかし肥満者や、肥満に関連する糖尿病などの患者数はおおむね増加傾向。特に、肥満の男性はずっと増え続けている(図2)。ここからも、「食べなければやせる」とは必ずしもいえないことがうかがえる。

 このパラドックスを解くカギはどこにあるのだろうか。

 「人間の体は、“食べる量を減らせばその分やせる”というほど単純ではありません。やせるには、やせるための栄養が必要なのです」

たんぱく質が不足すると脂肪を燃やせない

 ほぉ。「やせるための栄養」とは、どういうことだろう。

 その代表格は、たんぱく質。たんぱく質は、体の素材になる成分で、筋肉、骨、内臓、皮膚といった体の主要なパーツは、水を除けば大部分がたんぱく質でできている。とりわけ筋肉はたんぱく質の塊といっていい。

 「私たちの体は、食べたものでできています。筋肉の材料は、元をたどれば肉や魚から取ったたんぱく質です」

 「やせる」とは、体脂肪を燃やすこと。そして体の中で最も体脂肪を燃やす器官は筋肉だ。だから、体脂肪を燃やす筋肉をつくるには、たんぱく質をしっかり取る必要がある。ところが、「太りそうな食べ物を避ける」という発想で肉類や油物を減らすと、たいていたんぱく質の摂取量が減ってしまう。

カロリー制限ばかりに目を向けていると、たんぱく質の不足になりやすい。効率よく体重を減らすには、1日を通して手のひら2枚分の肉や魚をとるように心がけることが大切。(©Brian Kenney/123RF.com)

 またビタミンB群などの微量栄養素も、脂肪を燃やすためには必須の栄養素。でもビタミンB群は肉や魚などの動物性食品に多く含まれているので、「肉を減らす」ダイエットに走ると、これも不足しやすい。その結果、やはり脂肪を燃やせない体になってしまう。

 「やせたい人が選びがちな、一見ヘルシーそうなランチなどは、パスタにサラダとデザートがついた程度のものが多く、たんぱく質が圧倒的に不足しています。そんな食事では、とても脂肪を燃やせませんよ」

 では、肉などを減らして「やせない」と悩んでいる人は、もっと食べた方がいい?

 「そうです。肉か魚のおかずを1日2回、合わせて手のひら2枚分ぐらいは食べたいですね。肉は赤身の部位がお薦めです」

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.