日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > もっと教えて!「発達障害のリアル」  > 発達障害と遺伝 小児科医が考える「最悪の虐待」とは何か?
印刷

もっと教えて!「発達障害のリアル」

発達障害と遺伝 小児科医が考える「最悪の虐待」とは何か?

慶應義塾大学医学部教授(小児科学教室)・高橋孝雄氏に聞く(後編)

 黒坂真由子=フリーランス編集者・ライター

 注目を集めながらも、理解しにくい「発達障害」の世界。そんな「発達障害のリアル」を、自身も発達障害(学習障害)の息子を育てるフリーランス編集者・ライターの私(黒坂真由子)が模索する本連載。

 「発達障害の子どもの治療で最も重要なのは、自己肯定感を下げないことだ」と話す、小児科医の高橋孝雄氏(前回参照)。今回は、遺伝の素因が大きいことから生まれる親の葛藤と希望、そして虐待の問題など。発達障害に限らず、子育て全般に共通する悩みが浮かび上がる。そんな親の悩みに対する、小児科医の処方箋とは?

前回、発達障害の子どもの治療では、自己肯定感を下げないことが大切だとうかがいました。では、親としては、どんなふうに子育てをしていけばよいのでしょうか? 発達障害(*1)があると、本人もそうですが、親も困ることが多いですよね。

高橋孝雄氏(以下、高橋氏) 一言で言えば、発達障害そのものを治そうとはしないことです。つまり、「本人を変える」のではなく「環境を整える」

 発達障害の子がこれから歩んでいく道筋には多くの困難があります。それらに備えるということです。自閉症(ASD *2)や高度なADHD(*3)の子どもの人生は、ほかのみんなが舗装されている広い道を歩いていくときに、林道に入っていくようなものです。となれば、みんなと同じピカピカの革靴では、歩いていくのが難しい。代わりにスニーカーや登山靴を与えたほうがいいわけです。

 そうすれば、林道でけがをすることなく安心して歩くことができます。発達障害の子どもに親がしてあげられることは、険しい道を少しでも安全に、できれば楽しんで歩いていけるように環境を整えることなんです。

その感覚は分かる気がします。学習障害(LD *4)がある私の息子も、4年生からタブレットでノートをとるのが許可されて、すごく勉強が楽になったようです。それまでは鉛筆でノートをとっていましたが、文字を書くのが極端に苦手なため、そこに意識を持っていかれて、授業の内容を聞く余裕がありませんでした。

高橋氏 そうですよね。だから文部科学省も学校に、学習障害の子どもへの配慮を求めています。例えば、試験を受けるときは別室で、時間制限をかけない、とかね。

 なぜこのように、本人ではなく環境を変える必要があるのかというと、本人を変えることが難しいからです。遺伝の支配を受ける素質というものは誰にでもあって、自分ではどうにもならない側面がある。ですから自分を変えようと無理するより、自分にとって自然で心地いい日常を過ごして、自分を生かせるような道を選ぶほうがいい。これは発達障害に限ったことではありません。人の根本的な生き方や性格、素質というのは、多くの場合、思い通りには変わらないし、おそらく変えようとしないほうがいいと思うんです。念のために申し添えれば、これは「諦める」とは大きく異なる考え方です。

*1 専門家の間では「神経発達症」という名称が使われるようになってきているが(第4回参照)、ここでは一般的に使われている「発達障害」という言葉を使用する。
*2 自閉スペクトラム症、ASD(Autism Spectrum Disorder) 
*3 注意欠如・多動症、ADHD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)
*4 限局性学習症/限局性学習障害、LD (Specific Learning Disorder)
高橋孝雄氏(写真:栗原克己)
高橋孝雄氏(写真:栗原克己)

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.