日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > もっと教えて!「発達障害のリアル」  > 発達障害と気づかない方が幸せ? 「早期診断」は逆効果にも
印刷

もっと教えて!「発達障害のリアル」

発達障害と気づかない方が幸せ? 「早期診断」は逆効果にも

慶應義塾大学医学部教授(小児科学教室)・高橋孝雄氏に聞く(中編)

 黒坂真由子=フリーランス編集者・ライター

 注目を集めながらも、理解しにくい「発達障害」の世界。そんな「発達障害のリアル」を、自身も発達障害(学習障害)の息子を育てるフリーランス編集者・ライターの私(黒坂真由子)が模索し、できるだけ平易に、かつ正しく紹介することを試みる本連載。

 前回に引き続き、小児科医の高橋孝雄氏に「子どもの発達障害」について尋ねる。

 多くの病気に当てはまる「早期診断、早期治療」の原則が、子どもの発達障害には当てはまらないという高橋氏。「早期診断」が、親の「早期心配」をあおるだけでは逆効果。「発達障害」の診断を告げる前に、告げることのメリットとデメリットを考えることが重要という。なぜか? 治療薬の効果なども尋ねた。

前回、子どもの発達障害の診断は「お子さんやご家族が日常生活で本当に困っているか」がポイントになるとうかがいました。けれど、「子どもが本当に困っているか」の判断は難しい気がします。「子ども本人が自覚する困難」は、ある程度大きくなってからでないと生まれないと思うんです。そうなると、「もしかしてうちの子は発達障害?」と思った親は、「本当にそうであるなら、できるだけ早く診断を付けたい」と考えてしまいそうです。

高橋孝雄氏(以下、高橋氏) 黒坂さん(インタビュアー)は、なるべく早く診断を付けたほうがいいとお考えなんですね? 手遅れにならないうちに、と。

はい。できるだけ早く分かったほうが、できることが多いと思います。

高橋氏 「早期診断、早期治療」がいいというのは、大抵の病気に当てはまる原則です。ただ、子どもの発達障害の場合は少し違って、「早期診断、早期心配」にならないように十分な配慮が必要です。

早期心配……。早いうちから心配しちゃダメですか?

高橋孝雄氏(写真:栗原克己)
高橋孝雄氏(写真:栗原克己)

2歳児を「自閉症」と確定診断するのは相当に難しい

高橋氏 例えば、2歳になる子を「うちの息子は自閉症(ASD *1)です!」「手遅れにならないように、何とかしてください!」と病院にやって来るお母さんがいるんです。

 ネット上などの情報を基にご自身で診断して、必要以上に慌てておられる場合には、その親心、むやみな心配が、そのご家族を不幸にしてしまう可能性があります。さらに、お母さん自身が思い悩みすぎて、すでに不幸になっている場合もある。まだ、何の診断も付いていないのに。

 だから僕は、診断に基づいて生活環境を変えること(介入)でお子さんやご家族の苦しみを和らげることが期待される場合を除いて、発達障害という診断名を告げることには慎重です。特にASDについてはね。多少の疑いはあっても、あえて「ご心配は分かるのですが、自閉症とは言いきれないですね」って言うことも多いです。そのような曖昧ともとれる言い回しがご家族のためにはむしろいいと思える場合も多いからです。

 お母さんの悩みはもちろんしっかりと聞きます。親の持つ違和感というのは、小児科の診断においてとても大事なことだからです。でも、2歳や3歳ではそもそもASDについて確実な診断を付けることは、一部のお子さんを除いてなかなか難しいのです。さらに、ASDという診断を付けても、付けなくても、お子さんに対してしてあげられることは大差ないのです。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.