日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 老いない食事&ゆるトレ  > 「スーパーセンチナリアン」研究で分かった 元気で長生きのカギ
印刷

老いない食事&ゆるトレ

「スーパーセンチナリアン」研究で分かった 元気で長生きのカギ

老いない食事&ゆるトレ from 日経トレンディ(4)

 中城 邦子

2022年4月4日発売の「日経トレンディ2022年5月号」 ▼Amazonで購入する では、「老いない食事&ゆるトレ」を特集。究極の健康長寿モデルともいえるのが、110歳以上の高齢者である「スーパーセンチナリアン」。その人たちの特徴を知ることは、老いにくく元気に生きるヒントになる。慶応義塾大学医学部・百寿総合研究センターの研究から分かった「元気で長生き」のカギを紹介する。

長生きする人の生活習慣や体、性格の特徴は?
長生きする人の生活習慣や体、性格の特徴は?

 厚生労働省が毎年9月の老人の日に発表する100歳以上の高齢者の数は、51年連続で過去最多を更新中だ。100歳以上を百寿者、105歳以上を超百寿者、110歳以上を「スーパーセンチナリアン」と呼ぶ。世界的な長寿国である日本においても、このスーパーセンチナリアンの数は決して多くない。

 2020年の国勢調査の結果を見ると、百寿者は約8万人いるが、超百寿者は6515人と百寿者の8.2パーセントまで減り、さらにスーパーセンチナリアンは141人で、超百寿者の中の僅か2.2パーセントだ。

「超健康長寿」の3つの特徴

 105歳超えに大きな壁があることが分かる。この壁を超える人たちにはどんな特徴があるのか。それを知ることは、老いにくく元気に生きるヒントになるだろう。この研究をしているのが、慶応義塾大学医学部・百寿総合研究センターの新井康通教授だ。

 「スーパーセンチナリアンの最大の特徴は、100歳時点でも日常生活の自立が保たれており、百寿者の中でも特に健康寿命が長いことにある」と語る。

 究極の健康長寿モデルともいえるスーパーセンチナリアンの医学的特徴は3つあるという。1つは認知機能が保たれていることだ。100~104歳で亡くなった人と105~109歳で亡くなった人、110歳以上まで長生きした人の、100歳時点での認知機能を比べると、スーパーセンチナリアンの認知機能が最も高かった。高齢になっても認知機能が保たれている人ほど、長生きの可能性が高いのだ。

 2つ目は、心臓血管病になりにくいこと。「もともと百寿者は動脈硬化が少ないと言われていたが、実際、血液バイオマーカーを調べた結果、NT-proBNP(神経内分泌因子)の血中濃度が低いほどスーパーセンチナリアンに到達する可能性が高いことが分かった」と新井氏。NT-proBNPは心不全の診断にも使われるもので、心臓の働きが悪くなると数値が上がってくる。

「心臓の働きが悪くなると腎臓の機能も低下する。また、糖尿病や高血圧が適切に治療されずに腎臓が弱ると、心臓にも負担がかかるという悪循環がある。通常は加齢とともにNT-proBNPの数値が高くなるが、スーパーセンチナリアンはその上がり方が緩やか。心臓や血管の老化が特に遅いのが特徴だ」

 3つ目は、フレイルになるのが遅いことだ。フレイルとは加齢に伴って歩行速度が落ちたり、握力が低下したり、疲れやすくなったりするなどして体が弱り、外出する気力も低下して心身の活力が衰えた状態のこと。要介護になる原因の一つとされている。超百寿者やスーパーセンチナリアンは、こうした状態になる以前の健康寿命をより長く保っている。

1/2 page

最後へ

次へ

フレイル
認知症
筋肉
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.