日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 老いない食事&ゆるトレ  > 老化の原因、“さび”を防ぐ「カレー」 抗酸化食材で効果アップ
印刷

老いない食事&ゆるトレ

老化の原因、“さび”を防ぐ「カレー」 抗酸化食材で効果アップ

老いない食事&ゆるトレ from 日経トレンディ(3)

 髙田 悠太郎

2022年4月4日発売の「日経トレンディ2022年5月号」 ▼Amazonで購入する では、「老いない食事&ゆるトレ」を特集。体内に取り込まれる酸素の一部は「活性酸素・フリーラジカル」になり、過剰に生成されると老化現象の原因になる。抗酸化力の高い食材も取り入れた「最強のカレー」で、酸化ストレスを低減したい。

野菜たっぷりチキンカレー。トマトの酸味とスパイスの風味が絶妙
野菜たっぷりチキンカレー。トマトの酸味とスパイスの風味が絶妙

 過剰な量の糖とタンパク質が熱でくっついた状態を指す「糖化」が体内にできる“焦げ”だとすると、“さび”に当たるのが酸化。活性酸素は糖化を促し、糖化と連鎖して急速に老化する原因になるともいわれる。

 呼吸などで体内に取り込まれる酸素の数パーセントは「活性酸素・フリーラジカル」になる。これ自体は呼吸の際のエネルギー源として活用されるために必要だが、ストレスなどで過剰に生成されると皮膚障害などの炎症反応や細胞膜障害を引き起こす。免疫力が低下した状態に陥って体に様々なダメージが蓄積し、老化現象の原因になる。

 愛知学院大学・人間総合大学特任教授の大澤俊彦氏は、「活性酸素・フリーラジカルの生成による酸化ストレスから体を守るため、食事から得られる様々な抗酸化物質が存在する」と言う。

カカオ70パーセント以上のチョコレートを毎日25グラム

 抗酸化物質は、体内に入ってから作用するまでの時間によって、大きく2つに大別される。1つは食後1〜3時間程度で作用する脂溶性抗酸化ビタミン(ビタミンE)やポリフェノール、水溶性ビタミン(ビタミンC)など。それから遅れて、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)やカタラーゼといった抗酸化酵素が作用し、これは72時間働きが持続する。これら2つがバランスよく働く食生活を送る必要がある。

 前述のビタミン類やポリフェノールを多く含み、抗酸化力の高い食事を積極的に取ることで、2つの抗酸化作用は効果的に働く。例えば、間食やおやつには高カカオチョコレートを選ぶ。カカオポリフェノールの働きによって酸化ストレスの低減が期待できることが分かっている。「食べやすさも踏まえるとカカオ70パーセント以上が目安。毎日25グラム食べることが望ましい」(大澤氏)

 料理に使われる食材では、特に有力なのがターメリック(秋ウコン)。数パーセント含まれるクルクミンという物質が体内で代謝されて、テトラヒドロクルクミンが生成される。これが動物実験によって、ポリフェノールの中でも強い抗酸化性を持っており、さらにSODなどの解毒・抗酸化酵素誘導作用も強力に働くことが判明したのだ。

 ターメリックを使った代表的な食事と言えばカレー。そこでターメリックや健康効果のあるスパイスをふんだんに使い、さらにホウレン草やトマトなど抗酸化力の高い食材も取り入れた「最強のカレー」(スパイス料理研究家の渡辺玲氏監修)を開発した。ポリフェノールを多く含む玄米を、白米の代わりに使うのもポイント。その風味に合う爽やかで辛い味わいに仕上げた。

注)「最強カレー」のレシピなどは、「日経トレンディ」2022年5月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。

(写真:岩田 慶=fort)

出典日経トレンディ 2022年5月号
日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
※記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

日経トレンディ2022年5月号」の主な内容を紹介

【老いない食事&ゆるトレ】

  • 老化の原因は焦げ付き!? 終末糖化産物「AGEs」をためない食事術
  • 力を入れた筋肉をゆっくり伸ばす「エキセントリック運動」で楽に筋力アップ
  • 眠りを可視化する話題のハイテク指輪を試した
  • 超高額、機体の抗老化成分「NMN」ってなんだ?
  • インタビュー 松岡修造
    「ハッピー食い」「ミトコンドリア」…いつまでも若い秘密に迫る

【保険大賞2022】

  • 【がん保険】保険外診療で最大1億円!? 自由診療対応保険が激増
  • 【医療保険】3大疾病一時金の“出やすさ”&保険料競争で各社伯仲
  • 【就業不能保険】短期間の就業不能を一時金でカバーする新商品も
  • 【火災保険】風水害増加で見直し必須。地震対応の10年契約を狙え

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.