日経Gooday TOP  > からだケア  > 老いない食事&ゆるトレ  > 「NMN」の抗老化効果に富裕層ら熱視線 サプリも続々登場

老いない食事&ゆるトレ

「NMN」の抗老化効果に富裕層ら熱視線 サプリも続々登場

老いない食事&ゆるトレ from 日経トレンディ(2)

 中城邦子=フリーライター

2022年4月4日発売の「日経トレンディ2022年5月号」 ▼Amazonで購入する では、「老いない食事&ゆるトレ」を特集。老いに効くかもしれないとして、海外の富裕層を中心に「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」を配合したサプリメントの愛用者が急増している。日本でも、2020年3月に厚生労働省の非医薬品リスト入りをきっかけに火が付き、企業の参入が相次いでいる。

日本で広がりを見せる「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」を配合したサプリメント
日本で広がりを見せる「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」を配合したサプリメント

 30粒ほどで数万円もするサプリメントが今、老いに“効く”かもしれないとして、米国や中国の富裕層を中心に愛用者が急増している。そのブームが今、日本にも波及し始めた。

 NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)を配合したサプリがそれ。帝人グループのNOMONが2019年にNMNサプリ「NADaltus(ナダルタス)」を商品化。「発売から3年目で、売り上げは当初に比べて約10倍に伸長した。購入者の中心は、健康意識が高い40代以上のビジネスパーソンやアスリートで、多くが10回以上継続購入」。社長の山名慶氏はこう話す。

 日本でNMNブームに火が付いたきっかけは、厚生労働省が食薬区分の見直しを20年3月に実施したことにある。NMNが、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」、つまり非医薬品リスト入りした。

 これによりサプリや化粧品など、NMNを配合した様々なエイジングケア商品を、メーカーが展開しやすくなったわけだ。当初はミライラボバイオサイエンスなど2社程度だったNMNサプリを手掛けるメーカーは、直近では80社に増加。日清ファルマの他、ブレインスリープのようなスタートアップ企業の参入も続く。

 健康食品受託メーカーの受注素材人気調査(健康産業新聞が実施)でも、21年下期には数年首位だった乳酸菌を抜いてNMNがトップに躍り出た。市場規模はさらに拡大する見通しであり、今後ますます注目度を増しそうだ。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.