日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 老いない食事&ゆるトレ  > 走るのと同程度の効果! 「ファストウオーキング」が老いを防ぐ
印刷

老いない食事&ゆるトレ

走るのと同程度の効果! 「ファストウオーキング」が老いを防ぐ

老いない食事&ゆるトレ from 日経トレンディ(1)

 小谷真幸=日経トレンディ副編集長

 新年度に入り、気分を一新して生活をスタートさせたいところだが、体の準備はできているだろうか。健康を保つのは難しくない。必要なやり方のコツを押さえれば簡単に始められる。2022年4月4日発売の「日経トレンディ2022年5月号」 ▼Amazonで購入する では、「老いない食事&ゆるトレ」を特集。人生100年時代の到来を考慮し、「生涯現役」という望みに応える4つのアプローチを取り上げる。
 元気で長生きを実現するために効果的なのが、通常の歩行より速く歩く「ファストウオーキング」だ。運動効果の高さと、体への負担の少なさを“いいとこ取り”できるのがメリット。理想的な歩き方をマスターし、健康増進・体力アップを図りたい。

誰にでも取り組みやすく、効果的な運動が「ファストウオーキング」だ
誰にでも取り組みやすく、効果的な運動が「ファストウオーキング」だ

 「50歳くらいから、歩行能力が急激に落ちていく人が目立つ」と語るのは、アシックススポーツ工学研究所で人の体の仕組みや動き、歩行と健康増進の関係などを研究する市川将氏。50歳ごろを境に体のホルモンバランスの変化などで足の形が崩れ、それに併せて歩き方も悪くなる傾向があるという。

 「よく見られるのが、加齢に伴って足の裏の横アーチが潰れて足の幅が広くなるケース」(市川氏)。内側に広がる「扁平足」では外反母趾になりやすく、外側に広がる「カーブ足」ではO脚気味になって、ひざ痛の原因になる。普段の姿勢や重心のかけ方の癖などで広がり方が分かれ、割合としてはカーブ足になる人の方が多いという。

 そういった足の不具合が体のバランスの崩れ(ゆがみ)につながり、歩き方も悪くなって腰痛になったり、活動量が落ちて筋力も低下したりすることになる。筋力が落ちて足をしっかり上げて歩けなくなると、つまずいて転倒もしやすくなる。そうした悪循環が、体の衰えを早めてしまいかねないのだ。

 元気で長生きするには、いつまでも自分の足で歩くことが重要。「普段から体を動かしている人は、足にも適度な刺激があって足の形や歩き方が崩れにくい」と市川氏。40〜50歳ごろから健康維持につながる運動や歩き方を意識しておくと、高齢になったときに歩行が不安になるリスクを下げられる。

 こうした観点で市川氏が勧めるのが、正しい歩き方を身に付けたうえでの「ファストウオーキング」。つまり「早歩き」だ。通常の歩行は時速4キロメートルほどだが、ファストウオーキングは時速5~7キロメートル。年齢や体力によって適切なスピードは変わるが、いずれにしても「普段より速く歩く」運動を続けることで、健康増進・体力アップを図る。

普段より速く歩いて体力アップ!
普段より速く歩いて体力アップ!
通常の歩行が1分間に約70メートル進むのに対し、ファストウオーキングは1分間に約90~120メートル進む「早歩き」。時速7キロメートルで実際に歩くと結構疲れて、15分も歩けば息が上がる。それが体力アップに向けた、いい運動になる

1/3 page

最後へ

次へ

ウォーキング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.