日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > コロナ禍の今こそ、大切な脳のケア  > 脳科学者が明かす、脳についてのウソと本当
印刷

コロナ禍の今こそ、大切な脳のケア

脳科学者が明かす、脳についてのウソと本当

最新科学に基づく脳のメンテナンス法(3)

 クリステン・ウィルミア=脳神経科学者

メディアやネットなどで流されている数多くの健康情報と同じように、脳に関する情報も科学的事実から噂やデマまで玉石混交だ。何が真実で、何がウソなのか。その代表的な例を最新刊『脳メンテナンス大全』の中から脳科学者の著者が紹介する。(前回までの記事は、第1回第2回を参照)

※本原稿は、『脳メンテナンス大全』(クリステン・ウィルミア、サラ・トーランド著、野中香方子訳)を抜粋・再構成したものです。

クラシック音楽は胎教にいいって本当?

 まず、人間は脳の10%しか使っていないというのはウソだ。それどころか休息中や睡眠中でも、脳を100%使っている。実際、睡眠中の脳は実に活発で、昼間に溜まった老廃物を除去するなど、重要な仕事をこなしている。

 人類は地球上で最も大きな脳を持っているというのもウソだ。最大の脳を持つのはマッコウクジラ(ハーマン・メルヴィルの小説『白鯨』に登場するクジラ)で、脳の容積は人間の脳の5倍もある。大きな脳のおかげでマッコウクジラは大半の哺乳類より頭がいい。コミュニケーション能力が非常に優れていることが数々の研究によって明らかになっている。マッコウクジラは研究対象とするには大きすぎるが、同じクジラ目のイルカは、訓練すれば鏡を見て自己認識できるほか、海中の機雷や海で行方不明になった兵士を探すこともできる。

 子どもを持つ人は、わが子にクラシック音楽を聴かせて育てると、幼稚園のクラスで一番賢い子どもになる、という話を聞いたことがあるかもしれない。しかし、ベートーベンを聴いて育った赤ちゃんには残念なお知らせがある。胎教に良いと謳(うた)うCDは大量に売られているが、クラシック音楽を聴かせても、胎児のIQは高くはならない

最大の脳を持つ生物は、人間ではなくマッコウクジラだ(写真=PIXTA)
最大の脳を持つ生物は、人間ではなくマッコウクジラだ(写真=PIXTA)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.