日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 最新版・人間ドックの上手な受け方

MEDICAL CARE 最新版・人間ドックの上手な受け方

病気の早期発見・早期治療のために欠かせない、健康診断やがん検診。こうした健診・検診で行われる検査を一度に受けられる機会が「人間ドック」だ。しかし、長引くコロナ禍において人間ドックの受診者は減少し、それに呼応するように早期がんの発見件数が減ってきている。リモートワークによる運動不足や食生活の乱れで、気づかないうちに糖尿病や危険な脂肪肝が進行する例も増えている。第6波がピークを越えつつあるこの春こそ、先延ばしにしていた人間ドックの予約を入れてはどうだろうか。本特集では、自らの健康チェックと病気の早期発見のために欠かせない人間ドックの効果的な受け方を、年齢別、リスク別に解説していく。

畑啓介(はた けいすけ)さん
日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック院長
畑啓介(はた けいすけ)さん 1996年 東京大学医学部卒業。内閣府宮内庁侍従職侍医、東京大学医学部附属病院腫瘍外科・がんプロフェッショナル養成プラン特任講師などを経て、2020年4月より現職。
専門は消化器。日本外科学会外科専門医・指導医、日本消化器病学会消化器病専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医などの認定資格を持つ。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.