日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Q&Aで学ぶ新型コロナワクチン・治療薬  > 「ワクチン3回目の効果は?」「子どもへの接種、どうすべき?」 医師が解説  > 3ページ目
印刷

Q&Aで学ぶ新型コロナワクチン・治療薬

「ワクチン3回目の効果は?」「子どもへの接種、どうすべき?」 医師が解説

新型コロナの新たな疑問に日米欧の医師らが総力回答(後編)

 倉沢正樹=日経メディカル元編集長

小学生に新型コロナワクチンを接種させるべき?

Q.13

自宅で飲める新型コロナの治療薬が出てきたら、ワクチンはもう打たなくてもいいのではないですか。

A. 飲み薬タイプの治療薬候補、米メルクの「モルヌピラビル」の重症化予防効果は30%程度です。米ファイザー「パクスロビド」の重症化予防効果は89%程度と発表されています。新型コロナウイルスは容態が急変する場合も多いので、タイミングよく経口治療薬が服用できるとは限りません。また、他の人に感染させてしまうリスクは依然として存在します。妊娠中の人、妊娠の可能性がある人、および授乳中の人は、2021年12月1日現在、これらの経口薬は服用できない可能性が高いです。

 一方、新型コロナワクチンの有効率は、mRNAワクチン(ファイザー、モデルナ)は94~95%、ウイルスベクターワクチン(アストラゼネカ)は約70%です。接種後一定期間が経過すると感染予防効果は低下しますが、重症化予防効果は高く保たれることがわかっています。実際に、ワクチン接種が進んだ国では感染者数が再び増えてきても重症化率や死亡率は抑えられています。また、新型コロナワクチンは妊娠中、授乳中でも接種を受けることができます。

 したがって今後も、新型コロナワクチンの重要性は変わりません。まずは新型コロナワクチンの接種で感染リスクを減らし、感染してしまった場合にもワクチンの効果と治療薬で重症化防止を目指すことになるでしょう。どちらか一方のみでなく、ワクチンと治療薬の両輪で、新型コロナウイルスに立ち向かうことが必要です。

Q.14

うちの子どもは小学生です。新型コロナワクチンを接種させるべきですか。

A. 日本では、新型コロナワクチンの接種対象年齢は満12歳以上です(2021年12月1日現在)。小学生のお子さんが満12歳に達していれば接種を受けることができます。米国では2021年11月にファイザーのワクチンの接種対象年齢が5歳以上に引き下げられました。日本でも厚生労働省が、早ければ2022年2月頃から接種を開始する可能性を示しています。

 新型コロナワクチンの接種が世界中で進む中で、ワクチンを接種していない(接種できない)子どもの感染リスクに注目が集まっています。子どもの新型コロナウイルス感染症は比較的軽症で、多くの場合は治療を必要としません。しかし基礎疾患がある場合には重篤化する可能性が高くなります。また、小児多系統炎症性症候群(multisystem inflammatory syndrome in children;MIS-C)という、心臓など多臓器に炎症を起こす重篤な症状の報告が、日本でも見られるようになってきました。基礎疾患を持つ子どもにワクチン接種をすることで、感染による重症化防止効果が期待できます。

 健康な子どもへのワクチン接種にも一定の意義があると考えられます。新型コロナ対策は子どもたちの心身の健康に大きな影響を与え続けており、ワクチン接種がそれを緩和する可能性があります。また、まれではあるものの、健康な子どもが新型コロナに感染して重症化することもあります。さらに、子どもが高齢者や基礎疾患を持つ人と同居している場合には、家庭内で感染を広げにくくする効果も期待できるでしょう。

 その一方でデメリット面としては、子どもに新型コロナワクチンを接種した際に、発熱や接種部位の疼痛などの副反応が比較的出やすいことが報告されています。メリットとデメリットを子どもと養育者が十分に理解し、納得して接種を受けることが大切です。

 子どもに接種を受けさせるかどうかを判断するにあたっては、成人の新型コロナワクチンの接種状況(ワクチン接種率)や流行状況も考慮するとよいでしょう。疑問を解決してから接種に臨むことが大切なので、できればかかりつけ医で個別接種を受けるのが望ましいと考えられます。

 なお、子どもたちを新型コロナウイルス感染から守るためにまず重要なことは、周囲の大人が新型コロナワクチンの接種を受け、感染リスクをできるだけ減らすことともいえるでしょう。

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.