日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 女性のためのカラダ講座  > 「更年期」とわかるのは閉経後 40歳を過ぎたらケアを始めよう
印刷

女性のためのカラダ講座

「更年期」とわかるのは閉経後 40歳を過ぎたらケアを始めよう

イーク表参道副院長・高尾美穂さんに聞く(1)

 山田真弓=ライター

 「更年期」という言葉が当たり前に使われるようになったが、40~50代の女性が婦人科などを受診するケースはまだまだ多くはない。経済産業省が発表した調査(*1)によれば、更年期症状があると自覚している40歳以上の女性のうち95%が仕事のパフォーマンスに影響がある、46%が仕事のパフォーマンスが半分以下になると回答。更年期症状により昇進を辞退した人は約50%、退職したことがある人は約17%に上る一方で、症状があったとしても何も対処していない人が多いという。

 ではそもそも更年期とは何か。あるいは更年期と思い込んで対処しないことで見逃される病気はないのか。混乱しやすい「更年期/更年期症状/更年期障害」について、イーク表参道副院長の高尾美穂さんに話を聞いた。

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

更年期は時期を示すもの

更年期障害という言葉は長く使われていますが、いつから準備すればいいのか、自分は更年期なのか、大げさに考えすぎなのかといった悩みも聞きます。

高尾美穂氏(以下、高尾) 更年期は月経のある女性の誰もが経験するものです。ただ、更年期、更年期症状、更年期障害という言葉を混同している人が多いので整理しましょう。

 更年期は閉経の前後5年間ずつを指します。つまり、更年期は閉経後に期間が判明するのです。卵巣が働くのは約40年間で、卵巣の卵胞機能が失われることを閉経と呼びますが、1年間連続して月経がない場合、最終月経をもって閉経と確認します。日本人の平均閉経年齢はおよそ50歳です。

 シンプルに言うと、卵巣は女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンとプロゲステロンを作る臓器です。エストロゲンの分泌が増加しピークを迎えたあとに排卵が起きます。その後、エストロゲンとプロゲステロンにより子宮内膜が準備されますが、そのまま妊娠が成立しなければ排卵の2週間後あたりから子宮内膜がはがれ月経が始まります。この月経が順調に起きる状態が続くのが性成熟期です。

更年期は閉経しないとわからないとなると、とらえどころがなさそうですね。

高尾 わかりやすいサインは、月経周期がばらついてくること。エストロゲンの分泌の減少により月経周期が不安定になり、やがて来なくなる。閉経の平均年齢50歳から想定される更年期は45歳から55歳。ただ47歳で閉経する人なら更年期のスタートは42歳。そう考えると、40代になったら「更年期に差しかかっている」ということを念頭に置くことが大事です。

更年期は、時期を示すものとして、症状が出る出ないにかかわらず意識したほうがいいのですね。

高尾 そうです。一方、更年期症状は、卵巣機能低下に伴い起きる、様々な不調のこと。代表的なものが、発汗や、いわゆる「ホットフラッシュ」と呼ばれるほてりです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.