日経Gooday TOP  > からだケア  > 腰痛の新常識  > 脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア 2大腰痛を和らげるオットセイ体操とねこ体操  > 4ページ目

腰痛の新常識

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア 2大腰痛を和らげるオットセイ体操とねこ体操

第3回 2大腰痛は成り立ちも症状も違う! 異なる対策で乗り切る

 田中美香=医療ジャーナリスト

「足振りストレッチ」は、腰痛のタイプによって方向を変える

 最後に、腰痛を軽減する効果のある、「足振りストレッチ」を紹介しよう(下図)。足振りという言葉の通り、立って片足をブンブン振るだけの動きだが、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症では、足を振る方向が正反対となる。椎間板ヘルニアは後ろへ、脊柱管狭窄症は前へ向けて蹴り上げる点が異なるので注意しよう。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り3647文字 / 全文5092文字

この記事の概要

腰痛
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.