日経Gooday TOP  > からだケア  > 腰痛の新常識  > 腰痛の撃退にはこれ! 仙腸関節をゆるめる「テニスボール体操」  > 4ページ目

腰痛の新常識

腰痛の撃退にはこれ! 仙腸関節をゆるめる「テニスボール体操」

第2回 背骨と土台のクッション機能を回復させる生活術とは

 田中美香=医療ジャーナリスト

 まず、立ち方については、「前かがみが良くないので、後ろ側背中側に重心をかけることが必須です」と酒井さんは言う。下図のように、体の後ろ側の4点(後頭部・肩甲骨・お尻・かかと)が直線になるように立ち、重心の3割を前方に、7割を後方にかける立ち方だ。前かがみが癖になった人はひっくり返りそうになるかもしれないが、このバランスに慣れると椎間板にかかる圧は弱くなり、腰痛も改善が見込める。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

腰痛
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.