日経Gooday TOP  > からだケア  > 人に聞けない「おしり」のトリセツ

BODY CARE 人に聞けない「おしり」のトリセツ

 おしり(肛門)は、目のまわりの皮膚と同じくらい刺激に弱く、デリケートな部分。なのに、ごしごしこする、洗いすぎることで、かゆい、痛むといったトラブルを起こす人が増えています。

 「おしりのトラブルの出発点は、本来からっぽであるはずのおしりの出口近くに便が残る“出残り便秘”にある」と、大阪肛門科診療所副院長で、皮膚科にも詳しい佐々木みのりさん。意外と知らないおしりの仕組み、やってしまいがちなおしりケアの間違いについて教えてもらいました。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.