日経Gooday TOP  > からだケア  > あなたを悩ます「疲労」の解消法  > しつこい疲労は自律神経からのSOS! 放置すれば老化にも  > 4ページ目

あなたを悩ます「疲労」の解消法

しつこい疲労は自律神経からのSOS! 放置すれば老化にも

第1回 自律神経の機能は加齢により下がる一方、40代では20代の約半分に

 田村知子=ライター

疲労の解消には質の良い睡眠をとることが一番大切

 「疲労感」を無視して休まずに、自律神経を酷使し続けると、突然死などの最悪の事態を招く恐れもある。それには、疲れを自覚していても休めないと無理をするケースだけでなく、実際には疲れているのに疲労感を自覚できないケースもあると、梶本さんは指摘する。「例えば、仕事や運動の達成感、充実感などがあると、眼窩前頭野が発信した警告がかき消されて、疲労感を認識できなくなることがあります。こうした疲労感なき疲労を、私は『隠れ疲労』と呼んで問題視しています」(梶本さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.