日経Gooday TOP  > からだケア  > 見えてきた「老化」の正体  > 老化スピードの個人差なぜ? 30歳の差も 抗老化研究の最新事情  > 5ページ目

見えてきた「老化」の正体

老化スピードの個人差なぜ? 30歳の差も 抗老化研究の最新事情

第1回 120歳まで健康寿命を延ばせる時代も近い!?

 福島安紀=医療ライター

 また、もう一つ、国内外の抗老化研究者の注目を集めているのが、「細胞老化」に関する研究。これは、老化して本来の機能を失い臓器の機能低下の要因となる「老化細胞」を、除去する薬やワクチンを開発しようというものだ。この老化した細胞は、役に立たなくなっているのに細胞死(役割を果たせなくなった細胞が自然死し消える現象)もせずに炎症を引き起こし、組織の修復を低下させるため「ゾンビ細胞」と呼ばれ、がんや動脈硬化といった病気の原因にもなる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り6225文字 / 全文7796文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.