日経Gooday TOP  > からだケア  > 見えてきた「老化」の正体  > 老化スピードの個人差なぜ? 30歳の差も 抗老化研究の最新事情  > 4ページ目

見えてきた「老化」の正体

老化スピードの個人差なぜ? 30歳の差も 抗老化研究の最新事情

第1回 120歳まで健康寿命を延ばせる時代も近い!?

 福島安紀=医療ライター

山中因子や老化細胞除去薬で若返りの可能性も

 先に挙げた9つの要因など、老化の正体が徐々に明らかになってきたことで世界の研究者の注目を集めているのが、いつまでも若々しい心と体を維持し、健康寿命をいかに延ばすかという「抗老化研究」だ。抗老化研究は、がん、心臓病などの個別の病気を治すのではなく、個々の病気の原因にもなる「老化」を、「エピジェネティックな変化」「ミトコンドリアの機能不全」「細胞老化」といった原因別に改善して、老化の進行を遅らせたり時計の針を巻き戻したりして「若返り」を図ろうとするアプローチと言える。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り6225文字 / 全文7796文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.