日経Gooday TOP  > からだケア  > 見えてきた「老化」の正体  > 老化スピードの個人差なぜ? 30歳の差も 抗老化研究の最新事情  > 2ページ目

見えてきた「老化」の正体

老化スピードの個人差なぜ? 30歳の差も 抗老化研究の最新事情

第1回 120歳まで健康寿命を延ばせる時代も近い!?

 福島安紀=医療ライター

 「デンマークの一卵性双生児を対象にした研究などから、老化に対する遺伝の影響は15~25%で、残りの75~85%は生活習慣や環境によって変わることが分かっています。つまり、遺伝より、食事や運動などの生活習慣や、光への当たり方などの環境のほうが老化への影響は大きく、自分の努力次第で老化の進行のスピードを緩やかにし、実年齢より生物学的年齢を若く保つことは可能ということです」と早野さんは指摘する。どんな生活習慣や環境が老化を促進するのかについては、改めて第2回、第3回で解説する予定だ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り6225文字 / 全文7796文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.