日経Gooday TOP  > からだケア  > 筋トレで健康寿命を延ばす  > 「歩く速度」が落ちたら大ピンチ! 衰えを感じた人ほど筋トレ効果は大  > 4ページ目

筋トレで健康寿命を延ばす

「歩く速度」が落ちたら大ピンチ! 衰えを感じた人ほど筋トレ効果は大

第1回 中高年のうちから意識したい「抗重力筋」と「筋肉×神経」

 田村知子=ライター

筋トレは瞬発力に必要な「速筋」を鍛えられる

 話を筋トレに戻すと、前述した通り、歩行速度の低下などに現れる老年症候群の予防には筋トレが有効だ。その理由の1つには、「速筋」が鍛えられることがある。筋肉の細胞(筋線維)は、白い筋肉と呼ばれる速筋と、赤い筋肉と呼ばれる遅筋に分けられる。速筋は瞬発的に大きな力を出すときに使われる筋肉で、遅筋は持続的な力が必要とされるときに使われる筋肉だ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

筋肉
フレイル
ロコモティブシンドローム
ウォーキング
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.