日経Gooday TOP  > からだケア  > 夜間頻尿からの解放  > 夜間頻尿を減らす「薬」「睡眠」「水分・塩分」のポイント  > 4ページ目

夜間頻尿からの解放

夜間頻尿を減らす「薬」「睡眠」「水分・塩分」のポイント

第3回 蓄尿や睡眠の問題から起こる夜間頻尿を軽減する

 田村知子=ライター

塩分過多は生活習慣病だけでなく、夜間頻尿の原因に

 塩分のとりすぎは高血圧などの生活習慣病を招くが、夜間頻尿の原因にもなる。とりすぎた塩分を体外に排出するために、尿が多く作られてしまうからだ。厚生労働省の指針では、一般の人の1日の塩分摂取量は男性では7.5g未満、女性では6.5g未満とされている。だが、実際の平均摂取量は男性で11.0g、女性で9.3gと多いのが現状だ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り4635文字 / 全文6432文字

この記事の概要

頻尿
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.