日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Q&Aで学ぶ新型コロナワクチン  > コロナワクチン「花粉症でも接種可能?」「接種後に頭痛薬はNG?」 医師が解説
印刷

Q&Aで学ぶ新型コロナワクチン

コロナワクチン「花粉症でも接種可能?」「接種後に頭痛薬はNG?」 医師が解説

「コロワくんの相談室」発のワクチンQ&Aを厳選してお届け(後編)

 倉沢正樹=日経メディカル元編集長

 4月22日発売の書籍『日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答!新型コロナワクチンQ&A100』(コロワくんサポーターズ著)から主要なQ&Aの内容をお届けするシリーズの後編では、接種対象者や制度の詳細、接種前後の対応などを解説する。併せて、著者代表の山田悠史氏(米ニューヨーク・マウントサイナイ医科大学)からのメッセージも紹介しよう。

 新型コロナワクチンが全国民に行き渡るまでにはなお時間がかかりそうだが、ワクチンに関する正しい知識を得て、来たるべき接種に臨んでほしい。

(写真はイメージ=123RF)
(写真はイメージ=123RF)

Q.11

新型コロナウイルスに感染したことがある人も、ワクチン接種をした方がよいのでしょうか?

A. はい、接種を受けた方がよいと考えられています。新型コロナウイルスに感染した後にどれほど長く免疫が続くのかがまだわかっていないため、ワクチンを打つことでより長く確実に免疫を続かせること、再感染を防ぐことを目的としています。ただし、今後の研究データの蓄積によって、こうした推奨は変更される可能性があります。なお、mRNAワクチンの臨床試験では、過去に新型コロナウイルスに感染した人も一部含まれていましたが、かかったことがない人との比較で同等の安全性が確認されています。

Q.12

食物のアレルギーがある場合、新型コロナワクチン接種は避けた方がよいですか?

<center>(イラスト:串子)</center>
(イラスト:串子)

A. いいえ、必ずしもそうではありません。英国・北米などでの接種経験から、英国では重度のアレルギーの既往があっても、新型コロナワクチンやその成分に対するアレルギーの既往がない限りはワクチンの接種を妨げるものではないとされています。米国においても、食物アレルギーのある人でも接種は通常通り可能としています。ただし、食物に対するアナフィラキシーの既往のある人は、30分ほどの接種後観察が必要とされています。

 現在のところ、(1回目の接種で)ワクチンそのものに対するアレルギーを起こした人、アナフィラキシーの原因のひとつと考えられているポリエチレングリコールに対するアレルギーがある人以外は、新型コロナワクチンの接種を避ける必要はないと考えられます(2021年3月現在)。

Q.13

スギ花粉症ですが、新型コロナワクチンを接種することはできますか?

A. 2020年12月上旬に、米国でmRNAワクチンの接種を受けた医療従事者2人にアナフィラキシーが認められたことから、重篤なアレルギー疾患がある人への新型コロナワクチンの使用は、一時的に中止されていました。しかし、同月30日に、その見解は修正され、新型コロナワクチンそのものに対するアレルギーや、その成分に対するアレルギーを起こしたことがない限り、ワクチンの接種を妨げるものではないとされています。つまり、mRNAワクチンの成分であるポリエチレングリコールに対するアレルギーの既往がある、もしくは1回目の新型コロナワクチン接種で明らかなアレルギーが起こったという場合を除いて接種できます。

 米国疾病予防管理センター(CDC)は、内服薬(または同等の注射薬)、食物、ペット、昆虫、毒物、環境中、ラテックス(ゴム)に対するアレルギーの既往歴や家族歴があっても、接種は可能としています。なお、米ファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社の新型コロナワクチンには、卵、ゼラチン、ラテックス、防腐剤は含まれていません。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.