日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Q&Aで学ぶ新型コロナワクチン  > コロナワクチン「花粉症でも接種可能?」「接種後に頭痛薬はNG?」 医師が解説  > 2ページ目
印刷

Q&Aで学ぶ新型コロナワクチン

コロナワクチン「花粉症でも接種可能?」「接種後に頭痛薬はNG?」 医師が解説

「コロワくんの相談室」発のワクチンQ&Aを厳選してお届け(後編)

 倉沢正樹=日経メディカル元編集長

接種の手順は? 他の市町村で接種するには?

Q.14

どのような手順で新型コロナワクチン接種を受けることになりますか?

A. 問診を受けた後、上腕を露出させ、腕の外側の筋肉が出っ張っている場所を消毒されて、そこに針を刺されます。薬液の量は非常に少なく、針を刺したらほんの数秒で終わりです。

 その後、15分ほど(重度のアレルギーの既往がある人は30分ほど)アレルギー反応が見られないかの様子観察が行われます。万が一アレルギー反応が見られた場合、すぐにその場で対処ができるからです。何もなければ、そのまま帰宅が可能です。

 接種当日は他のワクチン接種の場合と同様、多量の飲酒や激しい運動などは避けた方がよいでしょうが、それ以外は普段通りに生活することが可能です。

新型コロナワクチンの申し込みと接種の流れ
<span style="font-size:115%">新型コロナワクチンの申し込みと接種の流れ</span>

Q.15

どこに行けば新型コロナワクチンを打ってもらえますか?

A. 原則として、住民票がある市区町村で接種が受けられます。接種会場は主に医療機関、公民館、体育館などで、それぞれの市区町村が地域の事情を考慮して決めます。具体的に会場がどこになるかについては、市区町村が、インターネット上のワクチン接種総合案内サイトや広報紙などで発表することになっています。

 なお、やむを得ない事情がある場合には、住民票がある市区町村以外でもワクチン接種を受けられます。出産で里帰りしている人、遠隔地で1人で暮らしている学生、単身赴任者などの場合は、実際に接種を受ける市区町村で「住所地外接種届出済証」を発行してもらい、接種券とともに現在居住している市区町村の接種会場に持っていけばワクチン接種を受けることが可能です。長期入院、長期入所中、基礎疾患がある人が主治医の下でワクチン接種する場合などは、住民票がある市区町村への届け出は不要です。わからないことがあれば、住民票がある市区町村の相談窓口に問い合わせてください。

やむをえない事情による住民票がある市区町村以外での接種
<span style="font-size:115%">やむをえない事情による住民票がある市区町村以外での接種</span>

Q.16

1回目と2回目で違う会社の新型コロナワクチンを打つことはできますか?

A. 1回目と2回目で違う会社の新型コロナワクチンを打った場合の安全性や有効性のデータがないため、厚生労働省は、2回目の接種では1回目と同じワクチンを打つ必要があるとしています。

 一方、米国疾病予防管理センター(CDC)は、1回目に打ったワクチンがわからなくなったり、同じ会社のワクチンが打てない状態になってしまった場合、4週間以上の間隔をあけて同じタイプのワクチン(1回目がmRNAワクチンなら2回目もmRNAワクチン、1回目がウイルスベクターワクチンなら2回目もウイルスベクターワクチン)を打つことを推奨しています。

LINE公式アカウント「コロワくんの相談室」で利用者の疑問・不安に答えているコロワくん。書籍『<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4931400981/" target="_blank">新型コロナワクチンQ&A100</a>』でも活躍しています。(イラスト:坂元麻貴子)
LINE公式アカウント「コロワくんの相談室」で利用者の疑問・不安に答えているコロワくん。書籍『新型コロナワクチンQ&A100』でも活躍しています。(イラスト:坂元麻貴子)
新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.