日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 忍び寄る肝臓の危機  > 「γ-GTP」だけ見ていては見逃される、肝臓の危険なサインとは?  > 5ページ目

忍び寄る肝臓の危機

「γ-GTP」だけ見ていては見逃される、肝臓の危険なサインとは?

第1回 お酒を飲まない人にも忍び寄る 肝臓の異変をキャッチする方法

 田中美香=医療ジャーナリスト

腹部エコー検査では、肝臓の形や、脂肪・腫瘍の有無が分かる

 肝臓病を疑うときや、肝臓の状態をチェックする際に、血液検査とともによく行われるのが「腹部エコー超音波検査」だ。腹部エコーは画像検査の1つで、お腹にプローブと呼ばれる機器を当ててなでるように動かし、得られたモノクロ画像をモニターに映し出すもの。CTやX線と違って放射線被ばくの心配がなく、短時間で済み、痛みもなく体への負担が少ないのが強みだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

肝機能・脂肪肝
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.