日経Gooday TOP  > からだケア  > 「男性ホルモン」のパワー  > 男性ホルモン低下が認知症や生活習慣病のリスクに そのメカニズムとは?  > 3ページ目

「男性ホルモン」のパワー

男性ホルモン低下が認知症や生活習慣病のリスクに そのメカニズムとは?

第2回 ストレスがあるとテストステロンが低下し、病気のリスクが上がる!

 伊藤和弘=ライター

 本特集の主役であるテストステロンを例に取って説明しよう。

 男性のテストステロンは主に精巣(睾丸)で作られる。しかし、それは精巣が勝手に作っているわけではなく、脳下垂体からの指令によるものだ。脳下垂体は黄体化ホルモンLH)を分泌し、精巣にテストステロンを作らせる。そのLHも中間管理職のような立場で、脳の視床下部が分泌する性腺刺激ホルモン放出ホルモンGnRH)によって促されている。まずGnRHが出て、次にLHが出ることで、精巣がテストステロンを作るという流れだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り3372文字 / 全文5106文字

この記事の概要

男性ホルモン
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.